会社沿革

1968年2月 大阪読売販売開発株式会社を創立(資本金200万円)
1968年2月 大阪市北区野崎町77番地(読売新聞大阪本社内)で事業を開始
1972年10月 損害保険、代理店業務を開始
1973年4月 読者に新サービスを提供する「読売ファミリーサークル(YFC)」を設立
1978年9月 「読売ファミリー」を創刊
1981年3月 資本金を800万円とする
1984年9月 資本金を2,000万円とする
1985年1月 販売促進部を「読売企画開発株式会社」として分離独立
1988年6月 (株)ファミリーアド(現(株)読売アド・プランニング)と資本提携
1993年7月 資本金を3,000万円とする。国内旅行業登録、事業部で業務開始
1994年9月 読売大阪ビル新築に伴い。所在地を大阪市北区野崎町5番9号、読売大阪ビル内へ移転
1994年10月 社名を「株式会社読売情報開発大阪」と変更
1994年10月 文化センター部及び9営業所を別法人化、「株式会社大阪よみうり文化センター」として分離独立
2006年4月 コンプライアンス委員会規定を制定
2008年2月 会社創立40周年、読売ファミリー創刊30周年の社員大会開催
2011年10月 株式会社読売ハートサービス大阪と合併
2012年4月 YC業務本部に「メイト部」を新設
2015年5月 メイト四国営業所を香川県の読売新聞高松ビルに開設
2016年4月 株式会社大読社と合併「即売部」として業務開始
2017年4月 新しいセールス組織「SP部」を新設
2021年1月 YC労務本部を新設
2021年4月 IT推進本部、生活メディア本部を新設